素敵なバイト仲間に出会えたことがきっかけ。

白源:
本日はお時間取っていただいてありがとうございます。よろしくお願いします!

齋藤:
よろしくお願いしますー!

白源:
ではさっそく、入社理由についてお聞きしたいのですが、齋藤さんはなぜトラコムに入社を決められたんですか?

齋藤:
入社理由ねー、私実は学生の時にアルバイトめっちゃしてたの!
輸入雑貨をお使うお店だったんだけど、人間関係が良くてすごく楽しかったんだよね。
その時のバイト仲間は今でも集まってご飯行くくらい仲良いの!(笑)

白源:
え!数年経った今でも集まるってめっちゃ仲良しですね!羨ましいですー!(笑)

齋藤:
そうなの!それでそのバイトに入ったきっかけがタウンワークだったんだよねー。
詳しくは覚えてないけど、
その時の3行キャッチ(タウンワークでの掲載原稿の3行の太文字の文章)に惹かれて応募したんだよね。

白源:
じゃあ、そういうところに魅力を感じてトラコムの仕事に興味を持ったんですか?

齋藤:
そうだねー!自分もこういうものをつくりたいって思ったのがきっかけだね!

白源:
なるほど…!自身の経験にもとづいてるんですね!

齋藤さんだから!と信頼してもらえるようになりたい

白源:
私は今入社半年で営業という仕事の大変さが身に染みてきたところなんですけど、
齋藤さんはもともと営業という職種に就きたいって思っていたんですか?

齋藤:
今の時期は覚えることも多いし、きついよねー(笑)
私の場合は家族がみんな営業だったの!
だから小さいころから両親が営業の仕事をしているところを見てきたから身近な職種ではあったかな。

白源:
家族みんなが営業の仕事だったんですか!?なんだかすごいですねー(笑)

齋藤:
そうなんだよね(笑)
だから休みの日とかに母宛にお客様から「お土産渡したいけどいつ来れるのー?」
みたいな電話がきていることがあって、そういう風に仕事の人としての関係だけでなく、
齋藤さんだから!と信頼してもらえるようになりたいって思ったんだよね。

白源:
素敵な関係ですね!そんな営業になれるように何か意識していることってあるんですか?

齋藤:
そうだね、お客様について少しでも気になったことは聞くようにして、お客様様について深く知ろうとすることかな!
プライベートのこととか聞いたり話したりして、営業っぽくならないように素の自分をだしていくように工夫してる!

白源:
なるほど…!私はまだまだ固くなってしまうことが多いので参考にさせていただきます!

齋藤:
ぜひ!(笑)
1年目は慣れずに大変なことが多いけど頑張ってね!

白源:
はい!本日はありがとうございました!

関連する記事

関連するキーワード

著者