興味ある業界にアプローチができる

村山:
では、落合さん、本日はよろしくお願いします!
早速ですが、なぜトラコムを決めたんですか?

落合:
元々民間企業に行こうと思っていなかったけど、
業界色を見てみて自分の影響力、自分のやったことが見えるこの業界に惹かれたからだよ。

村山:
そうだったんですね!
営業の際、モチベーションが上がらない時とかもあると思うんですが
何か、対策とか気を付けていることはありますか?

落合:
新規顧客とかに営業するときも、ニーズの有無関係なしに、自分自身が興味ある業界にあたってみるのがおすすめ。
いい気分転換になるし、好きな業界に営業できるのは楽しいよ。
どうしてもしんどいってなることもあるから、その時は試してみて!

お客様によってアプローチを変える

村山:
商談時、お客様と距離縮めてから商談を進めたいんですが、
何か、落合さんが実際にやっていることや気を付けていることはありますか?

落合:
序盤にプライベートな話をして、雑談とかをしたりで緊張を解くことはやるようにしているよ。
あとは、採用以外の話も聞いたり、いろいろ聞くことが大事だよ。
例えば、社長には、会社の将来について聞いてみたり、
ブルー系のお客様には、いろいろと教えていただくスタンスでいったり。
お客様にあわせて、変えてみるといいよ。

村山:
いろいろと、教えて下さりありがとうございました。
勉強になりました。実践してみます。
そういえば、鷺島さんと同じグループで可愛がってもらっていて、
とても面白い先輩で楽しいんですが、鷺島さんは大阪にいた時から面白い方だったんですか?

落合:
大阪にいる時からそんな感じだったよ(笑)
鷺さんに、社員案件もっと頑張って言っておいて(笑)

村山:
承知しました!(笑)
今後もいろいろと教えてください!

関連する記事

関連するキーワード

著者