返信メールが定型文ではなかったこと!が嬉しかった

川井:
本日は宜しくお願いします。

吉本:
宜しくねー!

川井:
アトラス(社内の自己紹介ページ)拝見しましたが、1984年生まれなんですね。
同い年です。笑

吉本:
そーなん!?それはそれは。

川井:
仲良く喋りたいけど輪に入っていくのは苦手とありましたが、
個人的には、泰垣内さんや吉野さんと話をされている印象がありますが?

吉本:
そーでもないで。吉野さんは同じチームだった時期があるから私のことを知っているから話せるけど、
基本的に輪に入っていくのは苦手やなぁ(笑)
あと、アドリブがあまり得意ではないかもしれんな。

川井:
なるほど。そんな中、恐縮ですが改めて本日はお願いします。
早速ですが、吉本さんは何故トラコムに入社したんですか?

吉本:
元々、大学の頃からマスコミ業界に興味があってんな。
自分が発信したものが誰かに影響を与えたりする事が好きやったから。
就活も受けた会社の書類選考は全て通過したんやけど、
結局、ギリギリの1月頃まで就職先は決まってなくて。。
そんな時、ふと電車の中で「リクナビNEXT」 の吊り広告を見て
私の様に就活で頑張ったり悩んだりしている人を応援する仕事もありやなと。
それがきっかけで求人広告業界に興味を持って今に至ってるって感じ。

川井:
この業界も色んな代理店があったと思いますが、なぜトラコムに?

吉本:
確かに色んな会社があってんけど、トラコムの求めている人材の欄に
書かれていた人物像を見て、「コレ、私やん!」って刺さったワケ!
それで応募して、面接して。最後にアンケートがあって、
入社したいという想いのタケを思いっきり書いたんよ。
そしたら感動した事があって・・・。
それは、後日届いた返信メールが定型文ではなかったこと!
大体、ああいうのは定型文だと思ってたけど、しっかり読んでくれてはったんやなと思って、
それが営業になるきっかけにもなったなぁ。

川井:
へぇ!そんなエピソードがあったんですね!
自分の発した言葉に反応してくれてるって感じられると
言葉のキャッチボールがきちんとできてる気がして嬉しいですよね。

日々の小さな達成や幸せ、気付きを積み重ねていくことが「やりがい」

川井:
入社されて13年、今思うことや今後何か考えていることはありますか?

吉本:
今も昔も変わらず、あまり先過ぎることは考えず、今をコツコツと頑張ること。
大きな目標達成に向かっていくには、
日々の小さな達成や幸せ、気付きを積み重ねていくことが「やりがい」にも繋がるし、
それを後輩や周りの仲間と共有することで次に繋がっていってると思うわ。
川井君は今悩みとかないの?

川井:
なるほど。
私は名古屋以外、あまり他拠点の方との交流がないので、
自分から積極的にアウトプットしていかないといけないなとは思ってます。
ただ、意識的にそれを実現していないので、実際に行動しなくては!と思ってます。

吉本:
まぁ、こういう機会もその一端やね。

川井:
そうですね!今日はいろいろ聞けて楽しかったです。
ありがとうございました!

吉本:
こちらこそ。
大丈夫?情報足りてる?聞き足りてへん事とかあったら言うてな?

川井:
大丈夫です!(多分!)お気遣いありがとうございます!

関連する記事

関連するキーワード

著者