「入らない理由がなかった」

小林:
八戸さん、初めまして!よろしくお願いします!

八戸:
初めまして!よろしく!

小林:
早速ですが、質問です。
トラコムに入社した理由って何でしょうか?

八戸:
入社理由は、結構ふわっとしてたよ!笑
大学4年生の11月まで部活を頑張ってて早く就活を終わらせたかったんだ。
ただ、広告関係の仕事に興味があって2~3社内定をもらってたよ。

小林:
なんでトラコムにしたんですか?

八戸:
言い方は変なんだけど、、「入らない理由がなかった」からかな。  
面接の時に不安を感じなかったね。
どんな人でも受け入れてくれる雰囲気を入社前から感じたんだ。
HPのブログなどを見て、働きやすい環境なんだと感じたから、入社を決めたよ。
あと六本木っていう立地にも惹かれました!笑

小林:
確かにトラコムの人の良さは、入社前からすごく感じました!
こんな私でも受け入れてくれるんだと思って嬉しかったです。
次の質問なのですが、八戸さんの2年目ってどんな感じでしたか?

八戸:
入社してすぐはとても売れて、自分すごいって調子乗ってたね! 
でも4か月目の後半から全然売れなかったんだよ。お客様要因で売れていたのを勘違いしてたね。

小林:
とても分かります!今の私の状況がそうだなと思うときがすごくあります。
私じゃなくても、発注をくれていただろうなと思うことばかりで、もどかしいですね。

八戸:
自分の提案で目標達成したと思えることがなかなかないと辛いよね。
3,4年目の方が力がついてきて自分の力で達成したと思える時が増えると思うよ。
だから僕は「我慢の2年目」だと思ってる。

小林:
「我慢の2年目」ですか、、!

八戸:
2年目は1年目ほど目に見えた成長を感じられる瞬間が少ないからこそ、
習ったことをコツコツやっていくことが大事だと思うな。

小林:
習ったことをコツコツですね!頑張ります!

矢印を自分に向けるのではなくお客さんに向けることが大事

小林:
ローキャリの時に出会った思い入れのあるお客様はいますか?

八戸:
2年目の時に引き継いで、今までリクナビNEXTを大きいスペースでご掲載のなかったお客様が思い入れが強いかな。
採用成功のために大きいスペースの掲載が必要だと思い、提案し続けていたら、
すんなりいいよ~と言ってくれたのがすごく印象的だったね。
ちゃんと効果でもお返し出来てよかったなよ。
継続して提案した過程を評価されたことがすごく嬉しかったね。

小林:
努力したことを評価されると嬉しいですね!

八戸:
そうそう、さっきのことにもつながるけど、やってて意味あるのかなと思う、
「お金にならない仕事」をやり続ける意味を感じたね。

小林:
「お金にならない仕事」ですね、、!
確かにこのコロナ禍でお金にならない仕事をする大切さを学びました。

八戸:
そうだね。売り上げがしんどかったりしても、
お客様にとっては、自身の目標って関係ないから、
矢印を自分に向けるのではなくお客さんに向けることが大事だよね。
だから今年の4~7月はお客さんの事業のことを考えて助成金のことや無料のオンラインツールのご案内をしていたよ。
やったことは絶対返ってくるからね。

小林:
そうですね!基本やお客様目線を忘れずに頑張っていきます!
今日はお時間いただいてありがとうございました!

八戸:
こちらこそありがとう!

関連する記事

関連するキーワード

著者