―就活の軸は?
「なりたい自分に向かってコツコツ成長していく場所として良い環境かどうか」と「なにかしら創意工夫できる仕事。
プログラミングを施したロボットでもできる仕事はしたくない」といったことを考えていたと思います。
あと、「できたらずっと働きたいと思える会社がいいな」とも思っていました。
―入社の決め手は?
面接をしてくれた方々がとても気さくで、印象がダントツでよかったことです。
今考えたら少し正直すぎたかなと思うんですが、面接で、「営業、自信ある?」という質問に、
「できるかできないかの自信でいうと、まったくないです。やったことないので。」と答えてしまうような僕にも、
「岡田君、正直でいいねぇ。」と笑ってくださるような方々で、素直に自分を出せたので、この会社良いなぁと思いました。
人間関係を軸として置かずに就活していたのですが、
実際入社してから1か月程度なのに、人間関係に感謝する場面、助けられた場面を何度も経験しています。
―就活アドバイス!
大事にしていたことは、自分に素直になることです。
自分を偽って良く見せてまで、内定をもらいたくはなかったし、
極端な話ですが、自分を偽った面接で超有名大手から内定を出されたとしても、
自分のスジじゃないなと辞退したと思います。
理想のキャリアを送るような人材にもし本当になりたいのなら、
これからの人生でなってやろう、と思っていました。
他人を完全に理解することは不可能なんだという当然の事実と改めて向き合い、
自分が変えられることと変えられないことを理解し、できるだけ自分に素直になることで、
自分の良いところに気づけたと思います。

関連する記事

関連するキーワード

著者